ヤミ金の元金返済も不要になる

ヤミ金とは、破産手続をした人や多重債務者等の「もうこれ以上サラ金などから借入ができない」ような人をターゲットにし、ダイレクトメールや雑誌の広告などで、低利で、無担保で、誰にでも融資するという嘘の告知をし、電話すればお金を貸してくれるという一見便利そうな貸金業者を指します。

しかし、その実体は、5万円ほど貸付、毎週利息として1万円から2万円を支払わせるという悪どいもので、脅迫・恐喝の手段を用い、時には関係のない債務者の周囲の人までまきこんで支払を強要し、いつまで返済しても元金は減らないという恐ろしいものです。

脅迫・恐喝により、精神的に追い込まれ、夜逃げや自殺に至る方も少なくはありません。よく刑事ドラマで見る光景が、あなたの周りでも実際に存在しているのです。ジャパンネット法律事務所では、そんなヤミ金で悩んでいる方を救出します。

借金 無料相談で、即対応してくれるので、ただちに取り立てを停止させてくれます。また、ヤミ金との督促停止および元利息放棄等の完全解決に向けた徹底交渉をしてくれるので、ヤミ金の元金返済も不要になります。

5000件を超える実績件数をこなしている法律事務所なので、安心して依頼することができますし、支払い方法も後払い・分割払いと選択することができるので、安心です。

「脱毛がしたいのに、貯金がない」人でも、脱毛できる

全身脱毛したい人は、業界最安値のシースリーがオススメです。しかし、業界最安値と言われているシースリーですが、なぜこんなに安く全身脱毛することができるのでしょうか?

その答えは……シースリーのホームページを見ていても分かりますが、シースリーには格安お試しキャンペーンというものがありません。他のサロンでは、よく「両ワキ脱毛600円!」など、目を引く安さで脱毛を体験することが出来ますが、シースリーではそういったキャンペーンをやらないことで、広告費や人件費などを省いているのです。

しかも、シースリーは全身脱毛専門店なので、脱毛プランも非常にシンプル。だから、「他にムダ毛が気になる部分はありませんか?」「こんなプランもあるんですよ」等の勧誘も一切ありません。

全身の脱毛をするわけですから、勧誘の心配もなく、安心して通う事ができますよね。また、料金も月々定額と後払いから選択することができるので、「脱毛がしたいのに、貯金がない」という方でも、気軽に脱毛を始めることができます。

「体験コースを受けてから本格的に脱毛を始めたい」という方には向いていないかもしれませんが、「全身のムダ毛をどうにかしたい」という方にはピッタリの脱毛サロンなので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

全身脱毛をお考えの方は、全身脱毛 最安値のシースリーがオススメです。他とは違う新しい脱毛システムを導入しているので、高いと思われがちの全身脱毛を低価格で受けることができます。
 

残金の返還を一度に請求されたときはどうすればいい?

返済の遅れが生じ、貸主(債権者)が、残金全額を一度に返すよう請求してきた場合、返済のあてがなければ、最悪の場合、破産するしかありません。

もちろん、ヤミ金業者のように、債権者を暴利で食い物にする悪徳業者には、いわれるままに返済する必要などありませんし、ヤミ金ならずとも法令違反の高利を取る業者に対しては、合法金利で計算し直して返済額を圧縮すればいいのです。

合法金利でお金を貸す、まともな業者にしてみても、たとえばサラリーマンのように月々安定した収入が見込める債務者なら、破綻させるよりは返済期間の延長など条件を緩和して返済を続けさせるほうがメリットがあります。

債権者(合法金利で貸す業者)から残金を一度に返すよう求められた場合、債務者は返済可能な返済条件への変更を債権者にお願いしたらいいでしょう。ただし、債務者再生の効果的な対策というと、返済期間の延長や利下げ、あるいは一部債務の免除です。

これは債権者にとって不利な条件変更ですから、このリスケジュールの交渉は容易ではありません。この交渉は、やはり弁護士など法律と交渉のプロに任せるほうが無難だと思います。

なお、リスケジュールは当事者が任意に話し合う方法と裁判所を利用する手続きとがあります。個人債務者が裁判所を利用して行う手続きには、特定調停手続きと個人再生手続き(民事再生法)がありますが、

特定調停は債権者と債務者との合意さえあれば、内容を自由に決められるメリットがあり、個人再生手続きのほうは条件は厳しいが、最終的には債権者の同意がなくても裁判所が再生計画を認可してくれるメリットがあります。

今では多くの情報媒体があるので、一般消費者は、よりヤミ金に対する知識を積極的に取り入れ、ヤミ金 相談を含め自衛策を講じるべきです。弁護士や行政書士に相談し、手続きを行えば、利息を支払うことはなくなるため、早めに相談することが大切です。