税金をクレジットカードで支払う時代

昔は、クレジットカードというと富裕層の持ち物でしたが、最近は税金の支払いもクレジットカードでできるほど身近な存在となりました。
クレジットカードが1枚あれば、現金不要で買い物ができ、身分証明書として活用できることもあります。
予期せぬ出費や手持ちがない時に便利に利用できるクレジットカードは、消費生活に不可欠なものとなっています。
光熱費など月々の必要経費もクレジットカード決済ができることも増え、利便性はますます高まっています。
これまでは、税金などの支払いは口座振替や振り込み用紙での支払いが主流でした。
クレジットカード決済ができなかったのでなにかと手間がかかっていたのです。
近年、欧米諸国だけででなく韓国でもクレジットカードでの税金支払いが可能です。
最近になってようやく日本でも税金の払い込みがクレジットカードでできるようになりました。
東京都は特に、税金のクレジットカード払いに熱心で、自動車税などいろいろな税金の納付がクレジットカードで支払いできます。クレジットカードでの税金の支払いに対応しているかどうかは、住んでいる地域の自治体の方針によって異なります。
日本全国で統一できないのは、税金の性質に関係する部分が大きいようです。
各種税金は1年で相当な金額になります。税金をクレジットカードで納付することが可能になれば、払う側にも請求する側にとっても手間と負担の軽減になるでしょう。
今後、国の方針などでクレジットカード払いの体制がスムーズに進むことが求められます。

ダイエット用のさまざまなフラフープ

フラフープは子供の頃誰もが親しんだ懐かしの遊びといった印象ですが、ダイエット用のフラフープは、子ども用のものとはイメージが違い、スポーツ器具の一種のような形状をしています。脂肪燃焼を目的としたダイエット用フラフープは、どのようなものなのでしょうか。
まず、直径1mくらいの輪であることは昔から変わらないのですが、一般のフラフープが子どもが扱いやすいように軽量で作られているのに対して、ダイエット用のフラフープはやや重量が重めです。中には水を入れられる設計になっていてより重量を増やすことができるタイプのダイエット用フラフープもあります。
ダイエット用フラフープは大人が対象なので、輪の直径も大きく、幅も太く作られているようです。そのため、普通のフラフープを回すようなゆるい腰の動きではすぐに輪が落ちてしまいます。
ダイエット用フラフープには、内側に磁石や突起がついたものもあり、フラフープを回しながらウエストのマッサージができるものもあります。
子供用フラフープは100円ショップでも買える時代ですが、ダイエット用フラフープは主に通販やスポーツ用品店で販売されています。
携帯に便利な折り畳み式のものもあるようです。
家の中だけでなく、時には外に持ち出して青空の下でフラフープを楽しむのもいいかもしれませんね。