老人性色素班によるしみやくすみ

しみやくすみの正体が、老人性色素班である場合があります。30代の人や早い人では20代後半からできるしみやくすみで、老人性という名称がついていますが若い人にもあります。6割の人に40歳代ではあり、数㎝にもなる場合が大きなものではあるといわれています。何が原因で老人性色素班ができるかというと、紫外線が長年の蓄積によって影響を及ぼすことです。細胞の核が5年~20年前からの紫外線の影響で弱り、過剰にメラニン色素を生成することが当たり前になってしまっている状態なのです。直接的な原因というわけではないのが、加齢がです。日常の作業やスポーツを若い頃から強い紫外線の下でしていた人や、紫外線に元々弱い色白の肌をしていた人にできやすいようです。手の甲や肩など、紫外線を浴びる機会が多い場所にしみやくすみができますので、顔だけではありません。実際の年齢より顔や身体にしみやくすみが増えると老けて見えますので、対策を何かしらしておいたほうが良いでしょう。老人性色素班は一旦濃くなった場合完全な除去は困難ですが、予防になるのはできるだけ紫外線を浴びないということです。皮膚科や美容外科ではケミカルピーリングやレーザー照射による施術が可能ですが、肌質によっては痕が残ってしまうことがあり、事前にカウンセリングを受けることをおすすめします。しみやくすみのない状態を日頃からの心がけで保つことによって、将来の美白を得ることができるのです。