フェイスリフト美容整形の手術方法について

様々な美容整形がありますが、フェイスリフトは中でも人気があります。以前から行われているフェイスリフトでは、頬やあごの皮膚のたるみを改善するため、皮膚にメスを入れて縫い縮めるという方法を用いていました。たるみ分の皮膚を除去するのが定番の方法だったものに対し、近年のフェイスリフトでは余った皮膚を取らずに手術をします。フェイスリフトの効果そのものは古くからの方法と全く変わりがありませんが、手術から普段の生活への復帰が早くなります。この手術法ではかえしがついている糸で手術を行うため、皮膚を除去せずに効果を発揮できます。この糸の特色として、手術から八ヶ月~十二ヶ月で溶けて吸収され、なくなってしまうという点があります。吸収された後も効果はずっと続くそうです。フェイスリフトを行うことで、軟部組織に糸を通してたるみの気になる皮膚を引き上げ、しわやたるみの目立たない皮膚にできるのです。余った皮膚を切り取らずにできるフェイスリフトでは、肌に負担をかけずにアゴや頬、目尻など色々な部分のたるみを改善することが期待できます。狭い範囲のたるみや、鼻の脇のホウレイ線等に対しては、短い吸収糸を用いたフェイスリフトの美容整形方法もあります。不自然さのない出来上がりになるとも言われています。美容整形によるしわやたるみ取りを考えているなら、近年行われているフェイスリフトなら安全性も高く、肌を切除するというリスクもなく受けることができます。