にきびの原因を知りにきびの予防をする

にきび予防をするうえで大切なのは、ニキビができるメカニズムを知ることです。にきびは10代半ば~後半にできやすく、額や鼻の頭、あごなど皮脂が多い部分にできます。思春期が終わって成人しても、にきびができることがあります。人の肌には、どうしてにきびができるのでしょうか。
にきび予防のためには、にきびが出来る原因をしっかりと把握しておくことが、にきび予防の近道になると言えるでしょう。
にきびは、ホルモンバランスが乱れて毛穴の中にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まることで起こります。
古い角質がうまく剥がれ落ちず、肌表面にこびりついて硬くなり、毛穴が塞がってにきびができるという場合もあります。
どちらにしても、毛穴が詰まっていると分泌された皮脂が毛穴の内部に充填されてしまうのです。
皮膚にはもともとアクネ菌という菌が存在しているのですが、この菌が毛穴の内部で増えてにきびを形成します。
菌がかかわっているので、悪化すると痛くなったり化膿したりするのです。
ひどくなると病院に行く羽目になることもあります。にきび予防のファーストステップは、毛穴を詰まらせないことです。
皮脂や古い角質などをしっかりと取り除き、毛穴に汚れが詰まらない状態をキープしましょう。
大人ニキビ対策には、乾燥させないことも重要になってきます。