プチ豊胸でバストアップについて

プチ豊胸という整形手術で胸を大きくするという方法があります。バストサイズは女性にとって大きなテーマです。胸のサイズを意識する女性には、バストサイズを大きく見せる下着やパットを使ってサイズを大きくする人います。女性にとって、豊胸手術をするのは、実際にはちょっと不安という意見が多いのも事実です。今までの豊胸手術では、脇にメスを入れてそこからシリコンバックを入れるというもので、体への負担も金銭的なコストもかなりのものでした。昔の豊胸手術では、メスの痕跡が皮膚に目立つ形で残ったり、かさ上げに入れたシリコンが流出することもありました。豊胸手術に関する技術は進んでおり、健康に支障がない成分を挿入しています。手術の痕跡のカムフラージュも相当うまくなり、そもそも跡が残りにくいので傍目には手術をしたとわかからないくらいです。最近では手術をしないプチ豊胸をする人も増えているようです。プチ豊胸手術のいいところは、金銭的負担が少なく、短時間で気軽にできることです。プチ豊胸の場合、プチ整形のシワ取りによく使われている、ヒアルロン酸などを主成分にした専用液を胸に注入することでバストアップさせます。ヒアルロン酸は体に吸収されるので、いずれは元に戻ってしまうのもプチといわれる所以です。プチ豊胸の注入液は、顔に使うシワ取り用の成分より粒子が大きいものを使うので長期間持続できますが、2~3年で吸収されてしまうのが一般的のようです。