飲む育毛剤の注意点

飲む育毛剤といわれているプロペシアの特徴に、副作用が起きにくいという点が挙げられます。
しかし、誰が服用しても副作用が全くないというわけではありません。
全体の約2%の人に、性欲減退や精子の減少、勃起不全などの症状が認められたといいます。
これらの症状は、プロペシアの服用を中断することで治まっていくそうです。
人によっては肝機能障害が起きる可能性もあるといいますが、ほとんどの場合、重篤な副作用は起きないとされています。
このように安全性の高いプロペシアですが、未成年と女性は飲むことができません。胎児に悪影響が出る恐れがあるので、妊婦はプロペシアに触れることも厳禁です。扱いには充分気をつけましょう。
飲む育毛剤として高い評価を得ているプロペシアですが、飲み始めてすぐに効果が出るわけではありません。
半年~1年程度は飲み続けて効果が出るのを待ちましょう。初期脱毛といって、飲み始めの頃は抜け毛が増えることもあるようですが、そうなっても心配せずに飲み続けましょう。
プロペシアは、耐性の問題が懸念されているようですが、開発元のメルク社や日本の万有製薬から公式に発表されていることはありません。