脂肪注入の方法について

脂肪注入手術を受ける際、事前に患者に採取できるだけの脂肪がついているかどうか、脂肪を採取する部分やその日の体調などを確認します。
まずは取り出す脂肪が必要なので、痩せすぎの人は断られる場合もあります。チェックが終わると、顔やバストなど脂肪を注入する部分を確認します。脂肪注入によってどんな状態になることを希望しているのか確認しながら、注入する脂肪の量を決めます。
施術当日の流れとしては、まず注入する脂肪を取り出します。このとき、局所麻酔または全身麻酔をします。
体脂肪がどのくらいあるかどうかで取り出す脂肪の量も変わりますが、人によっては1~2リットル取り出して注入する脂肪を確保します。
吸引した脂肪を調べて、注入できる脂肪を選んで使います。脂肪を吸引した部分の皮膚は数日はたるみが気になるかもしれませんが元に戻ります。最終的には、脂肪注入した脂肪のうち、6割ほどがその場に留まるそうです。
全ての脂肪が定着することはないのだそうです。定着しなかった脂肪は最終的には失われます。そのため、脂肪注入手術では、約半分しか残らないことを計算した上で注入する脂肪量を決定するのです。
脂肪の定着率は、施術担当の医師の技量によって左右されるといわれているので、より多くの脂肪を定着させるためには多くの手術を手掛けて実績を積んだ病院で手術をすることが大切です。