飲む育毛剤の入手方法

飲む育毛剤として世界中で親しまれているプロペシアは、日本では万有製薬が販売しています。
万有製薬はプロペシアを開発したアメリカのメルク社の100%子会社で、万有製薬が販売するプロペシアの容量は0.2mg錠と1mg錠の2種類となっています。
プロペシアは、医療用医薬品なのでドラッグストアなどで購入することはできません。
飲む育毛剤プロペシアで育毛を試みたい場合は、皮膚科で処方してもらう必要があります。
男性型脱毛症は健康保険の適用外なので、薬代は実費になり、相場は1錠250円程度です。
薬剤費以外の診療費や調剤料なども全額自己負担となります。
月々にかかる費用は1万円前後ということになります。
育毛にかかるコストを抑えたい場合には、個人輸入代行に依頼して海外から取り寄せる方法があります。
しかし、最近では偽物の流通も増えているので、品質や流通の管理を人任せにするは心配です。
プロペシアのジェネリック医薬品としてフィンペシアという医薬品を入手することができます。
ジェネリック医薬品とは、既に市販されている薬と同じ成分のものを別の会社が格安で作った物を指します。
フィンペシアの成分はプロペシアと同じですが、金銭的にはかなりお得なので検討するのも良いでしょう。
個人輸入には、配送の遅延や詐欺などのトラブルが起きやすいというリスクがありますので、しっかり情報を集めて比較検討し、信頼できるところに代行を依頼すると安心です。