フォトフェイシャルとしみ改善の内容について

フォトフェイシャルとは近年新しい美容施術で、肌のコラーゲンで作り出されるコラーゲンを増やす効果があると言われています。新しい美容技術によって産み出されたフェイシャルケアがフォトフェイシャルとなります。年齢による肌の影響をくい止める効果がフォトフェイシャルにはあるといいます。肌のハリと潤いが蘇り、しみやたるみが改善され、若い頃の皮膚に近くなったと感じる人がフォトフェイシャルを受けた人には多いようです。現在フォトフェイシャルは、医療クリニック等で行われています。通常は数回の施術で、しみ等の肌トラブルの改善が期待できるとされています。美容施術に光を用いる時は、レーザーの光であるという印象を抱く人は少なくないようです。レーザーは1種類の波長の光ですが、フォトフェイシャルの光とはそれとは違うものです。色々な波長の光を顔全体に照射する為に、皮膚の繊維細胞を活性化しコラーゲンを増加することでしみ改善や様々な肌のトラブルの改善が期待できるのです。肌に優しい光を使うことがフォトフェイシャルの利点です。そのため、フォトフェイシャル後の肌を休ませる時間が必要とされていません。施術後のメイクも構わずできるのも嬉しい点です。肌質によっては、フォトフェイシャルの光に過敏に反応しすぎた肌にしみができてしまい、施術後も黒点状に肌に残ってしまったという例がありますので気をつける必要があります。事前のカウンセリングで不明点や不安点をはっきりとさせておくことが、しみ除去のためのフォトフェイシャルでは必要です。