洗顔石鹸のメリット

少し前までは、洗顔料として最も多く使われていたのは固形石鹸で、フォームタイプを使用する人は少数派でした。
洗顔というと石鹸を使うか、お湯だけで洗う、というのが一般的な時代が長かったのです。
当時と比較すると、最近では固形石鹸を使うことが少なくなりました。
洗顔に固形石鹸を使用する場合、石鹸からふわふわの泡を作ることは困難です。洗顔フォームのほうが圧倒的に楽に豊かな泡を作ることができます。
固形石鹸は、湿度の高い浴室内では柔らかくなって小さくなるとドロドロになってしまうのも難点です。
しかし、石鹸は有効成分を凝縮して製造されているので、洗浄力においてはかなり優れています。
自然に存在している成分だけで作られている石鹸は、環境汚染の度合いも低く、地球にやさしいといえます。
洗顔フォームは石鹸と製造方法がまったく異なり、合成ポリマーと水の混合物に合成界面活性剤を混ぜて作られています。
肌の皮脂汚れやほこりなどを落とす洗顔フォームは、界面活性材料が1割未満のもので、2割~3割になるとメイク落としのための洗顔フォームになります。界面活性剤は、食器用洗剤に使われているのと同様の成分もあり、環境に良くないという指摘もあります。肌にやさしく、自然環境を損なわないような洗顔剤選びをしたい場合は、フォームタイプより固形石鹸のほうをおすすめします。