フォトフェイシャルとしみ対策について

エステで人気のフォトフェイシャルは、お肌の老化作用の防止のためアメリカで1988年に産み出されました。フォトフェイシャルは、しみやしわ等、女性の肌の悩みを解決するとされています。キセノンランプから作られる光がフォトフェイシャルの光で、色々な波長の光が入り交じったものであり、肌にあてることで代謝を促進し老化をくい止めると言われています。フォトフェイシャルによって皮膚の繊維芽細胞の働きが活発になり、美肌に必要なコラーゲンの体内量が増加します。オキシヘモグロビンやメラニンに反応するのもフォトフェイシャルの特性で、これらの成分にあたると熱を発生し選択式にダメージを与えます。不要な毛細血管や色素沈着の解消効果があると言われています。フォトフェイシャルは肌内部から働きかけ、くすみやしわ、そばかすの改善効果を肌の奧からもたらし、なめらかで色むらのない肌を作り出します。美容クリニックや医療クリニックなど、医療施設として機能しているところでフォトフェイシャルは行われているようです。何度かフォトフェイシャルを行うことで、徐々に肌のしみやくすみは目立たなくなっていくといいます。リフトアップはしみやにきびの改善だけでなく、肌をキュッと引き締めて輪郭をシャープにする効果があると言われ、顔や首など広い範囲に施されます。フォトフェイシャルを受ける時は、紫外線の影響で肌が黒くなっている人や日焼けに敏感な肌の人はしみが増加するリスクがあります。フォトフェイシャルの目的がしみの解消である場合は特に念入りにカウンセリングを受け、施術内容を確認しましょう。