フォトフェイシャル治療とレーザー治療について

フォトフェイシャル治療に用いる光とは、一体どういった性質があるのでしょう。光の刺激で肌トラブルを改善するというと、レーザー治療のほうが今はまだ有名かもしれません。レーザーの光ではなく、フォトフェイシャルはIPLという専用の光で肌をケアします。カメラのフラッシュを皮膚に当てるような感覚でフォトフェイシャル治療は可能であり、痛みもありません。レーザーは、メラニン等の黒色素に反応する光波長と、毛細血管等の赤色素に反応する光波長に分類されます。一方IPLでは、赤と黒の両方に一度に施術をすることができます。レーザー治療と比較した場合、フォトフェイシャルと大きく違っているところは一体何でしょう。肌トラブルの原因となっているターゲットであるメラニンや毛細血管などを、ピンポイントで照射の対象と出来る点にあります。治療をしている部位と異なるところでも、光が当たればレーザーの影響が出てしまいます。フォトフェイシャル治療の利点は、周囲の皮膚に悪影響を与える事なく、ケアしたい部分にのみ影響を与えられる点です。思わぬ副作用が出る危険も低いため、顔じゅうにまんべんなく光を当てられることがフォトフェイシャルの良さです。フォトフェイシャルは、レーザー治療のようにスタッフの技術の有無で効果が異なるということもあります。