「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

有酸素運動と体脂肪の燃焼

体脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的な方法だといわれています。有酸素運動は、細胞に酸素を送り込めるくらいの呼吸をしながらおこなう運動のことをいいます。自分の能力の半分程度を使う運動で、目安としては息切れしない程度とのことです。
きつすぎる運動や瞬発力を使う運動は有酸素運動ではありません。ウォーキングや水泳、サイクリングなどが有酸素運動の代表ですが、ほかにもいろいろな運動があります。
激しい運動ではないので筋肉に乳酸が溜まることがありません。
長時間続けることができるのが有酸素運動の特徴なので、徐々に体脂肪を燃焼させながら続けることができます。
有酸素運動は、人と会話ができるくらいの負荷で行います。脂肪が燃焼しはじめるまでに20分程度かかるのでそれ以上続けることが大切といわれていましたが、最近では継続しなくても数回にわけて運動することで脂肪燃焼効果が得られることがわかっています。
運動に慣れてない場合、始めは軽い運動から初めて徐々に時間を伸ばしていくのがおすすめです。
有酸素運動で燃焼しやすいのは内臓脂肪であるといわれています。
その理由は、皮下脂肪に比べて内臓脂肪は毛細血管がたくさん通っていて、血液中に体脂肪が流れ込んで燃焼しやすくなるからだそうです。
体脂肪燃焼効果以外にも、心肺機能の強化や血行促進、ストレス発散など、有酸素運動にはいろいろな利点があります。

体脂肪の性質

体脂肪はどのようなときに燃焼するのでしょうか。
脂肪は、食事の摂りすぎや運動不足で消費エネルギーが少なくなったとき、体内に蓄えられて増加します。
中性脂肪が使い切れなかった時、脂肪細胞に蓄えられて増えるのが体脂肪です。
体脂肪には大きく分けると2つの種類があり、胃や腸の周りにつく内臓脂肪と、皮膚の下につく皮下脂肪に分けられます。
皮下脂肪は、蓄積しにくく燃焼もしにくいという性質があり、内臓脂肪は蓄積しやすく燃焼もしやすいという性質を持っています。
運動で燃焼する脂肪の多くが内臓脂肪です。
女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪が多いという特徴があるようです。
皮下脂肪は緊急エネルギー用の体脂肪であり、外部からの衝撃から体を守ったり、断熱作用があるといわれています。
一方の内臓脂肪は、すぐにエネルギーとして燃焼できる脂肪です。
適量なら内臓の下垂を防ぐ効果があります。内臓脂肪が増えすぎると、動脈硬化や高脂血症のリスクが高まるといわれています。
基本的に男性につきやすいものですが、年を取ると女性でも内臓脂肪の増加が目立ちはじめます。
内臓脂肪が増えるとお腹が前に突き出したように見えることから、その体型はリンゴ型と呼ばれています。皮下脂肪が多く下腹部がふくらんでみえる体型は洋なし型と呼ばれています。
いずれの脂肪も有酸素運動で燃焼するので、健康維持や肥満予防のために日常生活に運動を取り入れることをおすすめします。

体脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットをしている多くの人が、体脂肪を燃焼させて健康的に痩せたいと思っているでしょう。
体脂肪が多いと体重が増えて太ってみえるので、ダイエットには体脂肪を燃焼させるのが一番だと言われています。
では、脂肪燃焼という現象はどのようなメカニズムで起きるのでしょうか。
人間の体は、食事から摂取したカロリーの中で、消費しきれなかった残りを体脂肪として体内に蓄えます。
体脂肪を蓄積するのは、運動や生命維持のためにエネルギーが必要となった時、いつでも使えるようにするためです。
エネルギーが不足すると、人間の体は血糖値が低下し、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化して低下した血糖値を安定させようとします。
このリパーゼの働きによって体脂肪は分解され、遊離脂肪酸とグリセロールという成分になります。
分解された成分は血液中に流れ出し、遊離脂肪酸が全身の筋肉でエネルギーとして燃焼されます。
人間の体のエネルギー源となるのは、糖分と体脂肪です。体内でエネルギーが必要となった時、まずはグリコーゲンが消費されます。そして、グリコーゲンがなくなると、次に体脂肪が燃焼します。このことから、有酸素運動で脂肪を燃やしたい場合には、一定時間運動を継続しなければならないといわれるようになったのです。

メタボリック症候群の予防方法

メタボリック症候群を予防するためには、食事の改善と適度な運動を心がける必要があります。
食事は栄養バランスに気を付けて、毎日3食きちんと食べる事が大切です。カロリーのとりすぎにならないように気をつけることも大切ですが、単にローカロリー食を食べるだけではメタボリック症候群の予防はできません。脂身の多い肉や油脂製品を控えて、野菜や果物でビタミンとミネラルをバランスよく摂取しましょう。飲酒や喫煙の習慣も、メタボリック症候群に関係しますので、できるだけ量を減らしましょう。
運動は、週に1~2回程度、水泳やウォーキング、ジム通いなどをするだけでメタボリック症候群の予防になります。仕事や家事でスケジュールが詰まっている人は、メタボリック症候群予防のための運動をする時間が取れないこともあるでしょう。
その場合は、エレベーターをやめて階段を使ったり、いつもより早く家を出てひと駅分歩くなど、日常生活で取り入れられることをおこなうだけでも効果的です。
毎日の生活リズムはそのままで、運動量を増やすことはできるのです。
外出の用事がある時は、車ではなく自転車や徒歩移動にしましょう。
メタボリック症候群の予防策にはいろいろなものがあります。
いずれの方法でも、大事なことはとにかく続けることです。はじめから頑張りすぎると長く続かないこともあるので、食習慣や生活習慣など、できることから改善してメタボリック症候群の予防をしてみましょう。

メタボリック症候群の予防と生活習慣病

健康のためには、メタボリック症候群を予防することが大切です。
メタボリック症候群と診断された人は、糖尿病や高血圧、血中脂質が高い傾向があります。
これらの症状は無自覚ですが命を脅かすものです。メタボリック症候群の人は、こうした症状に早めに対応できるようにしておくよう心がける必要があります。メタボリック症候群の人が生活習慣病にかかったとき、その症状がほかの症状も引き起こし、気づいた時には重症化しているということがあります。
ひとつの病気が次の病気を引き起こし、ドミノ倒しのようにいろいろな症状があらわれると、大変なことになってしまいます。メタボリック症候群の人は、生活習慣病の発症リスクが非常に高いのです。
脳梗塞や心筋梗塞など、なんの前ぶれもなく命に関わる重大な病気にかかる可能性がつきまとうのです。
人間の体は、血液によって体の隅々まで必要な栄養が行き渡っていますが、メタボリック症候群になると、血液中のコレステロールによって血液の流れが悪くなります。血管はもろくなってしまうために身体に栄養が行き渡らないこともあります。血管が詰まってもろくなると、心筋梗塞や脳卒中にかかりやすく、命を脅かすような事態にもなることもあります。心筋梗塞や脳卒中を予防には、普段の心がけが大切です。
心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らすためには、食事や生活習慣の見直しや改善をすることが欠かせません。
健康的な生活をすることで、メタボリック症候群を予防していきましょう。

メタボリック症候群の予防について

健康維持を心がける人にとって、メタボリック症候群を予防することは重要な課題です。
では、どんなことをすれば予防につながるのでしょうか。
メタボリック症候群の予防方法を知る前に、どのような体質をメタボリック症候群と呼ぶのかを知っておきましょう。
体内の内臓脂肪の量が多いと、メタボリック症候群である可能性があります。お腹周りに脂肪が多い人は要注意です。なぜメタボリック症候群を予防する必要があるのかというと、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなるからです。
ひとつひとつの症状は深刻ではなくても、複数の症状が併発することで動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を発症することがあります。
そのため、メタボリック症候群を予防するということは、糖尿病や高脂血症を予防することにもつながり、脳卒中や心臓病を予防することにもなります。
まずは、メタボリック症候群の判断基準について理解しておきましょう。女性は胴囲90cm、男性は85cm以上あること、中性脂肪150mg以上、コレステロール値40mg以上、最大血圧130mmHg以上、空腹時血糖値110mg以上の数値がある場合です。日本国内の基準では、これらの項目のうち3つ以上あてはまる場合、メタボリック症候群と見なされます。
メタボリック症候群は、それ自体が直接的な死因になることはありません。
メタボリック症候群は普段から生活習慣を意識して予防することが大切なので、早めに改善すべきところを改善して予防に努めましょう。

顔やせマッサージで小顔になる方法

今より顔を小さくして小顔になることや、顔やせ効果を高めるのは、身体を引き締めるダイエットより難しいといわれています。
それは、顔にはもともとそれほど余分な脂肪がつかないからです。
今より顔を小さくするには、老廃物を排出して巡りを良くし、顔の筋肉を鍛えるエクササイズやマッサージをして引き締めるのがもっとも現実的です。
小顔マッサージや顔やせトリートメントは、エステサロンの美顔コースで受けることができます。
エステでは、プロの手によるハンドマッサージや機器を使用してもリンパドレナージュで血行とリンパの流れを良くして、新陳代謝を活発にするという方法で小顔へ導きます。
エステで小顔マッサージをすると、顔が小さくなるだけでなく肌もきれいになるというメリットがあります。最近はエステで小顔になるために、小顔専門のコースではなく美顔コースを契約するようになっているからです。
どうしてもエステに抵抗があるという人は、小顔効果のあるマッサージ器や美顔器を使用するのはどうでしょうか。
小顔効果のある製品はたくさんあります。
手軽なのはコロコロローラーなどですね。効果には個人差がありますが、購入前にネットで口コミを見てみると参考になります。
自分の手で地道にマッサージをしたり、表情筋エクササイズや顔ヨガなど、道具を使わずにできる方法も人気があります。

顔やせをして小顔になるには

顔の大きさやフェイスラインは、体の中でどうしても気になると思います。
女性は見た目に大変気を使うので、自分の顔をどうやってきれいに見せるかという点は永遠のテーマです。
メイクやスキンケアなど、顔に関する話題は尽きません。
ファッション雑誌でも頻繁に取り上げられるのが、小顔に見せるメイクや顔を小さくする方法、顔やせダイエットといった話題です。
昔に比べてずいぶんスタイルが良くなった現代の日本女性が気にするのは、顔の大きさなのでしょう。
できることなら少しでも顔を小さく細くしたいと思っている女性は大勢います。
小顔であることは、女性にとって永遠の憧れなのです。
顔の大きさは、頭蓋骨や骨格の影響で、根本的に何センチも小さく大きさや形を変えることはできません。
小顔テクニックとして一般的なのは、メイクや髪型の工夫によってそう見せるという方法です。
実質的に顔やせを志すなら、美顔器やローラーを使用するのがおすすめです。
エステの美顔コースや小顔コースも、かなり顔やせ効果があります。
アゴやエラなど、隠しようがない部分のラインがどうしても気になる場合には、美容整形でフェイスラインを変えてしまうという手もあります。

顔やせと小顔になるエクササイズ

顔ヤセの方法には、色々なものがあります。
むくみが気になる場合、顔のエクササイズによって代謝を上げることで小顔になれます。
顔の代謝は、首や肩の凝りや眼精疲労が原因で低下することがあります。
もともと顔が大きいというわけではなくても、むくみがひどいとフェイスラインがくずれて顔の印象は変わります。
むくみを解消すると頬のラインがシャープになります。
むくみ解消のための小顔エクササイズに挑戦してみましょう。
まず、両手を頭の後方に置き、首のつけ根に親指を添えて、残りの指で頭全体を包み込むようにします。
そのまま、親指を回しながら優しく頭皮をマッサージしましょう。
後頭部をマッサージすると、頭全体の血液の循環が良くなります。
その結果、小顔効果にも期待できるのです。
リンパマッサージも顔痩せに効果的です。
アゴのラインをシャープに見せたい場合は、肘を張って人さし指と中指であごをつまむようにして、首の後ろに引くように引き上げるマッサージをすると効果的です。
頬のたるみを解消して老廃物の排出を促すには、親指を口の両端に置き、顔を上に引くようにするマッサージが効果的です。
小顔マッサージやエクササイズは、血行が良くなっている入浴後におこなうのがおすすめです。
顔のエクササイズ前にコップ一杯分の水分を摂取するとより効果がアップします。

顔やせと小顔

身体を細くするだけでなく、ダイエットによって小顔を手に入れたいと思っている人もいると思います。
以前は、ダイエットは体重を減らすことだとという考え方が一般的でした。
体重を落とすために、リンゴや卵しか食べないダイエットなど、極端なダイエット方法もありました。
ウエストがくびれて、胸とヒップには女性らしい丸みがあり、なおかつ顔は小さく引き締まっている、という姿が女性たちの究極の理想となっています。
メディアでは、顔やせや小顔をテーマにした特集が組まれ、顔が小さい芸能人に少しでも近づくポイントなどが解説されています。
ダイエットで体重が減ると、当たり前のように顔も小さくなりと思われていますが、意外に難しいようです。
人の体は、お腹や太ももに皮下脂肪を溜め込んでいるので、ダイエットをすると体重減少につれてその部分から小さくなっていきます。
一方、顔は皮下脂肪ではなくむくみやリンパの停滞によって大きく見えていることが多く、体重を減らしても必ず痩せるとはいえないのです。
小顔を目指すなら、通常jのダイエットだけでなく顔のマッサージや表情筋エクササイズをおこなうことをおすすめします。