カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

ダイエットモニターとは

ダイエットをしたことがある人は、ダイエットモニターという言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットモニター募集広告は、インターネットのサイトや健康雑誌、美容雑誌などでよく見かけます。ダイエット方法やダイエットエステ、ダイエット食品の情報を集めている人は、ダイエットモニターへの応募を検討したことがあるかもしれませんね。ダイエットモニターに当選すると、その会社が販売しているダイエット商品を無償で利用しダイエットをおこなうことができます。タダでもらえる、というのはとても魅力的ですよね。雑誌やインターネット広告では、ダイエットモニターがビフォーとアフターで別人のように痩せている写真が掲載されていることもよくあります。これまでにいろいろなダイエットを試してはリバウンドしたり、効果がないままやめてしまったという経験を持つ人は、無料のダイエットモニターになることでラストチャンスにかけたいという思いになるかもしれません。無料ダイエットモニターは、抽選で当選した後、ダイエット商品が送られてきて、それを実際に使用して結果を報告する、というのが一般的な仕組みです。アンケートに答えることもあれば、細かいレポートを書くこともあり、写真が必要になることもあります。ダイエットモニターには落選したけど、商品販売のための勧誘の電話が掛かってくるなど、悪質なケースもあるようです。ダイエットに興味を持つ人の個人情報を得るために、ありもしないダイエットモニターの企画を打ち出す会社もあります。抽選と謳っておきながら全員をダイエットモニターにして、のちに商品を売りつけるという会社もあります。販売のしかたそのものは非合法なものではありませんが、悪質な会社の押し売りが横行しているのは事実なので、ダイエットモニターに応募する時にはくれぐれも気をつけましょう。

ダイエットとカロリーの消費量

ダイエットをしていると、1日でどのくらいカロリーを消費しているかがとても重要な問題になります。ダイエット中は、食事のカロリーを減らすだけでなく、体を動かしてカロリーを消費することも大切です。ダイエットに成功するためには、なにもしなくても消費される基礎代謝量を上げる努力をするほか、運動によって消費するカロリーを増やして脂肪の代謝を促すことがポイントになります。基礎代謝によって、寝ているだけでも1時間で約50キロカロリー消費されます。ですから、ゆっくりと散歩するだけでも1時間で約150キロカロリーを消費できるのです。自転車をこぐのも効果的な有酸素運動になります。それほどスピードを出さなくても、1時間で200キロカロリー程度は消費されます。運動によって消費されるカロリーには、個人差があります。新陳代謝が良い人の場合、運動によるエネルギーの代謝も活発で、ダイエットの効率が良いのです。新陳代謝は個人差のほか、年齢や性別によっても差があります。もっとも新陳代謝が活発なのは、若い男性です。また、細身の人よりもしっかりとした体格を持つ人のほうが代謝が高いという説もあります。脂肪を1㎏減らすためには、約7000キロカロリー消費しないといけなません。健康と美容、そしてダイエットを両立させるためには、毎日のカロリーを少しずつカットする方法がもっとも効果的です。脂肪1kg分の7000キロカロリーは、1日2日で減らすことできないのです。ダイエット中は少しでも早く結果を出したくなりますが、減量は1カ月に2kg程度にすることをおすすめします。摂取カロリーを消費カロリーのバランスを考えて、無理なくダイエットを進めましょう。

ダイエットと低カロリー食品

ダイエット中は、食事ごとにカロリー計算をする機会が増えるため、低カロリー食品を活用する人も多いでしょう。外食したり、コンビニ弁当を食べる生活だとどうしてもカロリーオーバーになりやすいので、本気でダイエットをするなら栄養とカロリーをしっかりチェックして選ぶか、極力家で食事をとるようにこころがけましょう。ドラッグストアや通販サイトでは、ダイエットサポートのための低カロリー食品が豊富にあるので、取り入れやすい物を探してみるのもいいかもしれませんね。ドラッグストアではダイエット関連商品のコーナーが設けられていることもありますし、インターネットでは人気のダイエット食品のランニングなども簡単に見ることができます。通販でのみ取り扱っているダイエット食品は、定期購入をすることもできて便利ですよ。自宅で手軽に注文ができるので、性別や年代を問わず多くの人が利用しています。ダイエット中におすすめの食事は、こんにゃく、キノコ類、昆布などの海藻類です。これらの食品は、どれも低カロリーで栄養たっぷりです。また、ダイエット中のおやつは、洋菓子よりも和菓子の方がカロリーが低いものが多いので、甘いものが食べたくなったらケーキよりも羊羹を選びましょう。また、最近は人工甘味料を使用したカロリーオフ食品も注目されています。ジュースやゼリーなど、カロリーオフの商品が豊富にありますので、ダイエット中に役立ちます。短期間でダイエットをしたいあまりに、極端に摂取カロリーを減らす人がいますが、リバウンドや栄養不足などのリスクを考えると1日3食食べながらダイエットをする方が効果的です。栄養バランスの良い食事を規則正しくとることが、健康的なダイエットにつながります。

ダイエットとカロリー

ダイエット成功のためには、カロリーについて知っておくことをおすすめします。ダイエットを実践する上で、カロリーとの関係は切り離すことはできないでしょう。食べるものによって決まる摂取カロリー量と、活動によって消費する消費カロリー量のバランスが、ダイエットの成功と失敗を左右します。カロリーという単語は、エネルギー生成に関わる熱量のことを指します。摂取カロリーより消費カロリーが多いと、体脂肪を減らして不足分を補うので、痩せていきます。人間は、体を動かさなくても寝ていても、生きているだけで常にエネルギーを消費しています。呼吸や内臓の活動によって必要最低限のエネルギー消費は常に行われているのです性であれば、安静にしていても1日当たり2000kcalのカロリーが使われています。成人女性の場合、1日の活動に必要なカロリーは、約1,800kdalとなります。ダイエットをするときは、体を動かして一日の消費カロリーを増やすか、食事制限によって摂取カロリーを減らすか、どちらかをおこなって消費カロリーと摂取カロリーのバランスを見直す必要があります。しかし、食事制限で摂取カロリーを減らすことで体脂肪を燃やしやすくすることはできても、食事を減らしすぎて栄養不足になると体を壊してしまうことがあるので注意が必要です。体に負担をかけすにダイエットをするには、食事から約200キロカロリー程度を減らして、残りは運動によって消費させるのが理想的です。ダイエットに成功するためには、カロリー計算も重要ですが、過剰に気にしすぎるとストレスになってしまいますので、食べすぎたら次の日から3日くらいかけて調整するといった具合に、ざっくりおこなったほうがダイエットは続けやすいでしょう。

ダイエット用のさまざまなフラフープ

フラフープは子供の頃誰もが親しんだ懐かしの遊びといった印象ですが、ダイエット用のフラフープは、子ども用のものとはイメージが違い、スポーツ器具の一種のような形状をしています。脂肪燃焼を目的としたダイエット用フラフープは、どのようなものなのでしょうか。
まず、直径1mくらいの輪であることは昔から変わらないのですが、一般のフラフープが子どもが扱いやすいように軽量で作られているのに対して、ダイエット用のフラフープはやや重量が重めです。中には水を入れられる設計になっていてより重量を増やすことができるタイプのダイエット用フラフープもあります。
ダイエット用フラフープは大人が対象なので、輪の直径も大きく、幅も太く作られているようです。そのため、普通のフラフープを回すようなゆるい腰の動きではすぐに輪が落ちてしまいます。
ダイエット用フラフープには、内側に磁石や突起がついたものもあり、フラフープを回しながらウエストのマッサージができるものもあります。
子供用フラフープは100円ショップでも買える時代ですが、ダイエット用フラフープは主に通販やスポーツ用品店で販売されています。
携帯に便利な折り畳み式のものもあるようです。
家の中だけでなく、時には外に持ち出して青空の下でフラフープを楽しむのもいいかもしれませんね。

ウエストシェイプアップのダイエット方法

ウエストのシェイプアップ効果が高い方法として注目されているのが骨盤体操や骨盤エクササイズです。
骨盤ダイエットには特別な道具は必要ありません。
しかも、自宅で10分程度の運動を1日3回するだけでウエストのシェイプアップに効果があるというのですから、ぜひとも取り入れてみたいですよね。
骨盤の歪みや開きを矯正する骨盤ダイエットは、出産や姿勢の悪さ、姿勢の癖を直して内臓を正しい位置に戻すことを目的としています。
そうすれば、ウエストのシェイプアップとサイズダウンが短期間で実現するそうです。
毎日コツコツ続けることが大切なのはほかのダイエットも同じですが、早いうちに結果が目に見えてくるのが骨盤ダイエットの最大のメリットと言えるでしょう。
骨盤矯正は、出産を経験した女性にもとても効果的です。
骨盤ダイエットについての詳しい方法や内容についてはインターネットや書籍などで簡単に知ることができます。
ウエストに美しいくびれを作るためにも、無理なく続けることができる骨盤エクササイズを取り入れて実践してみてはいかがでしょうか。

ダイエットダイアリーとは

手軽にできるダイエット方法として測るだけダイエットや書くだけダイエットなどのレコーディングダイエットが注目されています。
その日の朝晩の体重や一日で食べたものを記録として書き出すのが、レコーディングダイエットです。
記録することでダイエット中であることを意識し、やる気を高めて自制心を高める効果があるといわれています。
記録をつける手段としては、スマホのアプリやインターネットのダイエットダイアリーを利用する人が多いようです。
Yahooのダイエットダイアリーというサイトは特に人気があるようです。
数日間日記をつけたところで、管理栄養士などの専門家がアドバイスしてくれるサービスなどもあります。
こういったサイトを利用すれば、充実したダイエットダイアリーを作成することができるでしょう。
やってみるとわかりますが、一日に食べたものをすべて記録すると、食べてないつもりでも案外カロリーを摂取していたり、栄養の偏りがあったりするものです。
ダイエットを成功させるにあたり、何をどのくらい減らすか、足りてない栄養はなにかといった情報はとても大切です。
ダイエットダイアリーには、体重を測って書き込むとグラフになる機能もあるので、食べたものの内容と量が翌日の体重にどんな影響を及ぼすかをチェックすることができます。