残金の返還を一度に請求されたときはどうすればいい?

返済の遅れが生じ、貸主(債権者)が、残金全額を一度に返すよう請求してきた場合、返済のあてがなければ、最悪の場合、破産するしかありません。

もちろん、ヤミ金業者のように、債権者を暴利で食い物にする悪徳業者には、いわれるままに返済する必要などありませんし、ヤミ金ならずとも法令違反の高利を取る業者に対しては、合法金利で計算し直して返済額を圧縮すればいいのです。

合法金利でお金を貸す、まともな業者にしてみても、たとえばサラリーマンのように月々安定した収入が見込める債務者なら、破綻させるよりは返済期間の延長など条件を緩和して返済を続けさせるほうがメリットがあります。

債権者(合法金利で貸す業者)から残金を一度に返すよう求められた場合、債務者は返済可能な返済条件への変更を債権者にお願いしたらいいでしょう。ただし、債務者再生の効果的な対策というと、返済期間の延長や利下げ、あるいは一部債務の免除です。

これは債権者にとって不利な条件変更ですから、このリスケジュールの交渉は容易ではありません。この交渉は、やはり弁護士など法律と交渉のプロに任せるほうが無難だと思います。

なお、リスケジュールは当事者が任意に話し合う方法と裁判所を利用する手続きとがあります。個人債務者が裁判所を利用して行う手続きには、特定調停手続きと個人再生手続き(民事再生法)がありますが、

特定調停は債権者と債務者との合意さえあれば、内容を自由に決められるメリットがあり、個人再生手続きのほうは条件は厳しいが、最終的には債権者の同意がなくても裁判所が再生計画を認可してくれるメリットがあります。

今では多くの情報媒体があるので、一般消費者は、よりヤミ金に対する知識を積極的に取り入れ、ヤミ金 相談を含め自衛策を講じるべきです。弁護士や行政書士に相談し、手続きを行えば、利息を支払うことはなくなるため、早めに相談することが大切です。