自己破産によって借金苦から抜け出すことができた

債務整理の最後の手段である「自己破産」についてお話します。ここでも自己破産のケースを紹介しますが、その前に別のAさんのケースを知っていただきたいと思います。

Aさんの借金総額は347万円でした。Aさんは「自己破産しかない」と考えて相談にこられましたが、引き直し計算をした結果、257万円の過払い金があることがわかりました。そこで、任意整理を選んでこの257万円の過払い金を取り戻し、借金がゼロになりました。

「借金が大きいからといって、自己破産しかないと考えてはいけない」このことを念頭に置いたうえ、自己破産についての正しい知識をもっていただきたいと思います。

そこで、相談に見えたものの任意整理も個人再生も難しく、自己破産された方のケースです。仮に、その方をJさん(28歳)とします。Jさんは、フリーターでしたが、体調を壊して仕事をやすみ、生活費のためにサラ金からの借金をはじめていました。その後も休むことが多く、さらに借金を重ねます。

相談に見えたときの借金総額は550万円、毎月の返済額は26万円になっていました。引き直し計算をした残額も300万円、月々の返済額は8万3000円。 J さんには引き直した月々の返済額も支払いができないため、自己破産を選ぶことになりました。

自己破産の申立てを行い、破産決定と免責決定も出て、すべて免責されることになりました。返済のために働く必要もなくなり、Jさんは元気に再スタートを切られました。

日常生活を送るうえでは、自己破産したからといってほとんど影響はないのです。実際に、自己破産 相談によって借金苦から抜け出すことができ、その後立派に再起した人は数多くいます。