キャリアと仕事

キャリアと仕事にはどのような関係があるのでしょうか。最近よく使われる言葉に、スキルというものがあります。
キャリアアップ、スキルアップといった言葉は仕事に関して頻繁に使われる言葉となりました。
個人の適正や能力などを指す言葉である「キャリア」は、個人と仕事に関してもっともよく使われる言葉です。
日本国内の失業率は依然高いままですが、だからこそキャリアアップ、資格取得、スキルアップに尽力して少しでも就職活動や転職活動をスムーズに進めたいという人は増えています。
仕事を探す上で学歴がもっとも重視された時代は終わりました。
現在、多くの企業は学歴の高さよりも能力の高さを重視します。有能で即戦力になる人材が求められているのです。
キャリアといえば、国家資格や国家公務員の試験をパスした人を表す言葉としても使用されます。
キャリア組、ノンキャリアといった表現をドラマなどで聞く機会もありますね。
キャリアかそうでないかというところには、給与面をはじめ相当な格差があるようです。
キャリア組とノンキャリア組は、昇進についても早い段階から区別されているといいます。
事実、高級官僚のポストはキャリア組が独占しています。キャリアを持つ人が仕事上なにかと有利な時代であることはまぎれもない事実といえるでしょう。