ローンの比較方法

ローンという言葉は、貸付という意味を持つ英語です。
金銭、使用権利などを、期限や利子を決めて貸すという意味です。手元に現金がないとき急に金銭が必要になった時や、車や住宅を購入する時など、自己資金だけでは足りないときにローンを利用します。
ローンは、銀行やその他の金融機関から融資を受け、毎月一定額ずつ返済します。
現在はいろいろな金融機関がローンを取り扱っているので、まずは比較して使い道や条件に合ったローンを選びましょう。
各金融会社のローンを比較する時は、金利や限度額を見てから借入金額を決めるのではなく、先に使用目的と希望金額をはっきりさせましょう。
返済可能な範囲内で必要な分だけ借りる姿勢を忘れないことがローン比較のポイントです。
ローンにはいろいろな種類があり、住宅ローンや学資ローンなど、使用目的が限定されている目的型ローンと、用途が決められていない多目的ローンがあります。
両者を比較すると、目的型ローンの方が金利が低い傾向があります。
ローンを比較するときは、金利ばかり見てしまいますが、手続き方法の簡便さや審査期間、審査基準など、いろいろな条件を比較検討したほうが良いでしょう。
ローンの比較をしてみると、利便性が高いものほど金利は高くなりやすいことがわかります。