有効求人倍率とは

「有効求人倍率」とは、全国のハローワークの求職者数と求人数との割合を示す言葉です。ハローワークに限定せず、求人数と求職者数との割合を示すもののことは「求人倍率」と呼ばれています。いずれも求人数を求職者数で割って算出でき、求人10件に対して求職者が5名の場合、求人倍率は10÷5で2.0となります。有効求人倍率の数字は、求職者1名に対しての求人数を示しています。
求職に対する求人の過不足を表し、数字が小さいほど職探しが困難であるということを示しています。有効求人倍率に「有効」という言葉が使われているのは、ハローワークの求人や求職に、2ヶ月という申込有効期限があるからです。
求人および求職は、有効期限内のものを対象としているため、新規の求人や求職者数は月によって異なります。
求人倍率には、有効求人倍率以外に新規求人数と新規求職者数から算出する「新規求人倍率」、前月から繰り越した求人数に新たに発生した求人数を加えた「月間有効求人倍率」など、いろいろなものがあります。
期限が切れた求人を、企業がサイド出すということもよくあります。
新規求人倍率は、有効求人倍率に比べて高くなる傾向にあるのが特徴です。有効求人倍率は、ハローワークを通した求人や求職に限られる数字であるため、ハローワークに登録しない新卒者などは含まれていません。
あた、求人情報誌に掲載されている内容も、有効求人倍率数に含まれません。