クレジットカードの日本国内での広まりについて

日本国内にはたくさんの種類のクレジットカードが出回っています。
2007年の段階で、3億枚以上のクレジットカードが発行されているのです。
国内の労働人口が7000万人~8000万人だとすると、1人当たり4枚のクレジットカードを所有しているという計算になります。
クレジットカードを持たない人のほうが少数派になるかもしれません。
クレジットカードを持たない人は、どういう理由で持たないのでしょうか。
よく聞くのは、現金が減らないから気が大きくなって買いすぎてしまいそう、知らないところでお金が減っていく気がする、怖いといった意見です。クレジットカードは一部の特別な人が持つものだという意見もあるようです。
借金、怖い、というイメージも強いようですが、適切に管理・使用するぶんにはクレジットカードは怖いものではありません。
クレジットカードを利用する時は、まず利用する店がクレジットカード加盟店であるかどうかです。
国内のすべてのお店でクレジットカードが利用できるとは限りません。
店頭やレジ周辺にクレジットカードに関連するステッカーなろがあれば、加盟店のしるしです。わからない場合は従業員に聞いてみましょう。
日本国内でクレジットカード決済をするときは、支払いの際にカード提示し、クレジットカード払いを申し出るだけでOKです。