クレジットカードの日本国内での法規制について

国内の法律では、クレジットカードにはいろいろな規制がかけられています。
クレジットカードを使うということは、お金を扱うことなので、なにかのきっかけで大損害が生じることもあります。
日本では、クレジットカードでのショッピングは割賦販売法、キャッシングやローンには貸金業法が適用されます。
クレジットカードに関するおもな法律を理解しておけば、より賢くカードを使えるようになるでしょう。
クレジットカードの利用の際は、加盟店との契約で顧客にサイン以外は書かせないという決まりがあります。
そのため、住所や電話番号などは一切書く必要がありません。国内外を問わず、クレジットカーでで決済したらしっかり金額を確認してからサインすることが重要です。
国内でクレジットカードの審査を受ける場合は、本人確認書類や複写を必ず提出することが犯罪収益移転防止法で定められています。
クレジットカードの本人チェックが厳しいことには、暴力団やテロ組織によるマネーロンダリングを防ぐ意図があります。
また、過去に返済に関するトラブルを起こした人は、最低5~10年は新規のクレジットカードを作ることができません。
国内のクレジットカードに関わる法律では、2010年6月に年収の3分の1以上の借り入れが原則禁止されるという利用限度額の規制が適用されたことが記憶に新しいですね。