日本国内でのクレジットカードの系列について

クレジットカードを持つことがめずらしくなくなった現在、クレジットカード会社の数もどんどん増えてきています。
いろんな会社のいろんなカードがあるので、どのクレジットカードを選べばいいのか迷ってしまいます。
国内には、たくさんのクレジットカード会社がありますが、業種などによっていくつかの系列に分けることができます。まず、国内のクレジットカード会社の中で主流なのが銀行系です。国内でクレジットカードの発行が始まった当初は、銀行がクレジットカードを発行することができず、発行はグループ会社からでした。
次に、信販会社から発行される信販系クレジットカードがあります。
百貨店、大手スーパーマーケットから発行されるクレジットカードもあり、これらは流通系といわれています。ほとんどの場合、母体のポイントカード機能が付帯していますが、これは犯罪収益移転防止法によって決まっているからです。
銀行系、信販系、流通系の3つが国内の主な系列ですが、ほかにも石油系、交通系、消費者金融系のクレジットカードもアリ、いろいろな業種がクレジットカード業界に参入していることがわかります。
それぞれの系列によってカードのサービスや特徴が違うので、使い方やライフスタイルに合ったカードを選ぶことがポイントとなります。
複数のクレジットカードを用途に応じて使い分けるのも良いでしょう。