シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、世界各国の銀行が協調融資団のシンジケートを組成して各国の政府や政府機関に対して中長期の貸付をおこなうもののことです。
シンジケートローンは、協調融資であり、貸し手にとっては危険分散ができ、借り手は巨額の資金を効率的に調達できるというメリットがあります。
国に限らず各金融機関が協調してシンジケートを組成し、ひとつの融資契約書に基づいて同一条件で資金調達や融資をおこなう方法として認識されています。
金融機関の調整や借入企業との交渉を取りまとめる金融機関のことを、アレンジャーと呼びます。
また、エージェントと呼ばれる金融機関は契約条項の履行管理、元利金の支払いといった事務作業を契約調印後に一括して行ないます。
一般的にはアレンジャーがエージェントに就任することが多いようです。
幹事金融のアレンジャーが参加金融機関を募集するシンジケート団の形態が似ている点は、社債を発行することです。シンジケートローンは、金融機関からの借入取引です。長期におよぶ設備投資のための資金調達に限らず、短期的に資金が必要な場合も有効な方法です。
アレンジャーは、契約締結手続きや契約条件の検討、シンジケート団を構成する金融機関の募集などをおこなっています。
借入契約時は、アレンジャーに手数料を支払う必要があります。
まれにアレンジャーがシンジケート団に貸付人として参加することもあるといいます。
シンジケートローンにおけるアレンジャーの存在はとても重要なものなのです。