派遣の仕事のデメリット

派遣の仕事のデメリットについて考えてみると、真っ先に挙げられるのが契約の更新をしなければ職を失ってしまうことです。
ここ数年は、不況によって派遣社員の契約を早期終了させる「派遣切り」が社会問題化しました。
会社側としても、不況のあおりで派遣社員を雇っている余裕がなくなってしまったのでしょう。
真面目に勤務していて当然契約は更新されると思っていても、思わぬところで契約を着られてしまって路頭に迷う派遣社員も大量に生じてしまいました。
派遣社員にとっては、契約期間が短期間であることがメリットにもデメリットにもなるのです。
派遣の仕事は、更新のサイクルによっては期間を区切って働くことになるため、やりがいのある大きな仕事や指導者としての仕事には就きにくいというデメリットもあります。派遣先で任れた仕事に精一杯取り組んだからといって、それを評価して次につなげる、ということができないのが派遣の現状です。
そうなると当然、頑張り続ける意欲が減退してしまいます。
また、派遣の仕事のデメリットに、ボーナスが出ないこと、福利厚生面が充分でないことも挙げられます。
そうはいっても最近は派遣の福利厚生面は、ずいぶん変わっているようで、社会保険への加入や保養所などの施設の利用ができることも増えているようです。
派遣会社に登録する時、福利厚生に関してはよく調べておきましょう。働き方によってメリットとデメリットがあるので、バランスを考えて理解しておくことが重要となります。