メタボリック症候群の予防について

健康維持を心がける人にとって、メタボリック症候群を予防することは重要な課題です。
では、どんなことをすれば予防につながるのでしょうか。
メタボリック症候群の予防方法を知る前に、どのような体質をメタボリック症候群と呼ぶのかを知っておきましょう。
体内の内臓脂肪の量が多いと、メタボリック症候群である可能性があります。お腹周りに脂肪が多い人は要注意です。なぜメタボリック症候群を予防する必要があるのかというと、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなるからです。
ひとつひとつの症状は深刻ではなくても、複数の症状が併発することで動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を発症することがあります。
そのため、メタボリック症候群を予防するということは、糖尿病や高脂血症を予防することにもつながり、脳卒中や心臓病を予防することにもなります。
まずは、メタボリック症候群の判断基準について理解しておきましょう。女性は胴囲90cm、男性は85cm以上あること、中性脂肪150mg以上、コレステロール値40mg以上、最大血圧130mmHg以上、空腹時血糖値110mg以上の数値がある場合です。日本国内の基準では、これらの項目のうち3つ以上あてはまる場合、メタボリック症候群と見なされます。
メタボリック症候群は、それ自体が直接的な死因になることはありません。
メタボリック症候群は普段から生活習慣を意識して予防することが大切なので、早めに改善すべきところを改善して予防に努めましょう。