サプリメントの成分とラベルの見方

サプリメントの成分表示には、表示を義務付けられているものがいくつかあります。
JAS法に基づき、加工食品の包装には原材料や成分の表示をすることが義務付けられているのです。
名称、原材料、内容量、賞味期限、保存法、製造業者の名称及び住所など、食品のラベルには同じような記載が必ずあります。
健康増進法に基づく表示というものもあり、その場合は表示したい栄養成分、単位当たりのカロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムなどの各量を記載することもあります。
日本では、サプリメントは食品として分類されているので、詳しい内容成分を表示することは、法律で義務付けられているわけではありません。
品質を確認するには、サプリメントの成分を自分で調べなくても、口コミやレビューの投稿サイトを見るとある程度わかることもあります。
各メーカーでも栄養補助食品の成分を比較しているサイトもあるので、こういったところを見るのも参考になります。
メーカーによっては配合成分をほとんど記載していないような商品も販売しています。
健康成分、美容成分、などと言ってはっきりとした成分名を発表していないこともよくあります。
サプリメントを選ぶ時は、栄養成分や一日当たりの摂取目安量に含まれる成分量がわかりやすく表示してある商品を選びたいですね。