サプリメントを用いた栄養摂取

サプリメントの本来の目的は、食事だけでは不足しがちな栄養素を補うことです。
しかし、最近のサプリメントは単なる栄養補給のためだけに使われているわけではなさそうです。
体力増強や眼精疲労や関節痛の解消、美容、ダイエットなどを目的としたサプリメントが増え、利用する人も大勢います。
日本では90年代くらいから健康意識が高くなり、健康情報を扱うテレビ番組が一気に増えました。
その頃から、美容、健康、ダイエットのためのサプリメントも広く知られるようになったようです。
サプリメントに関しては、サプリ先進国のアメリカに明確な定義があります。
日本では法律上、サプリメントは食品として扱われています。
日本では、口にするものの判別は医薬品か食品かでおこなっていて、サプリメントは医薬品ではないので、食品、ということになっているのです。
そのため、食品であるサプリメントには、薬のような効能を記載することはできません。
錠剤やカプセルが多いので医薬品と混同されがちですが、実はまったくの別物なのです。
現代の日本人の食生活は、外食や欧米化による栄養の偏りで栄養不足に陥る人が増えています。
身体に必要な栄養を食事だけで補うことは、自炊をしている人でも難しいのではないでしょうか。
そんな時にぜひ役立てたいのが、栄養補助食品としてのサプリメントです。