リバウンドの仕組みと基礎代謝

リバウンドの仕組みを理解するためには、基礎代謝について知っておくことが必要です。
人間が1日に消費するエネルギー量を基礎代謝といいます。
この基礎代謝は、呼吸や内臓が動くことでも消費するもので、当然じっとしていても寝ていても消費します。
基礎代謝は筋肉量によって変化するので、体を動かさない人に比べて、運動の習慣がある人や筋肉が多い人のほうがい基礎代謝量は多くなります。
運動をせずに低カロリー食品を食べるというダイエットをすると、体の仕組みとしては基礎代謝が低下するといわれています。食物から栄養がとれない状態が続くと、人間の体は緊急事態と認識してエネルギーの消費をできるだけ抑えて溜め込もうとします。そうすると停滞期やリバウンドが起きやすくなるのです。
リバウンドは、体がエネルギーを維持しようとする自然な働きなのです。
リバウンドがもっとも起こりやすいのは、ダイエットをやめて元の食生活に戻したときです。
飢餓状態になった身体は、不足していたエネルギーを急激に取り込んで栄養を確保しようとします。
カロリーを減らすダイエットをすればほとんどの人にリバウンドは起こるといえるでしょう。
特に多いのは、単品ダイエットや、半断食、置き換えダイエットをした場合です。極端に栄養が偏ったダイエットをすると、短期間で痩せることができますが、それ以上に短期間で元に戻りやすいの注意が必要です
飲む日焼け止めランキング|ホワイトヴェールの効果と口コミです。